白内障は名医のいる眼科で手術する

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障名医から手術を受けたいという願いをかなえるために、評判の良い眼科を調べることになりました。最初は近所に検査を受けにいったのですが、そのまま治療を受けるには心許なく、しっかりと説明をしてくれる専門医の話を聞きたいと思いました。

患者の話に耳を傾けることは白内障名医の条件の一つでしょう。少なくとも、私が当初訪れた眼科の専門医はそうではなく、どこか横暴な態度でした。待合室には他の患者さんが何人もいましたので、忙しいということもあったのでしょうし、経営が立ち行かなくなるという危機感も欠如していたのでしょう。

これはありがちなことなのかもしれません。眼科は比較的、利益が出やすいと言われていますし、地域に競合する病院がない限り、たとえ腕や態度が悪くても患者さんは集まってきます。白内障の名医と呼ばれる専門医ではなくても、十分に仕事を続けることができるのです。

ある意味ではぬるま湯のような環境でしょう。患者さんを本位にして物を考える必要もなく、話もろくに聞かないで今後のことを決めようとするのですから、医師としての基本的な心得が足りないでしょう。白内障の名医に手術をしてもらうのと、その眼科医に手術を受けるのとでは、安心感がまったく違います。

同じ眼科の専門医でも、白内障の名医のように特定の症状に特化していく専門医もいれば、町の眼科で総合的に患者さんの検査や治療を行う医師もいます。どちらも大切な存在であり、片方だけがいればよいというものではありません。

しかしながら、病院に訪れる患者さんは心細いものだということを理解しなくてはならないことは、どちらにも共通して言えることです。自分の専門分野だからと言って、医師が高飛車な態度を取って、満足に理解できる説明を行おうともしないのは不当です。

眼科の名医が白内障について説明する言葉は、難解な内容を平易に伝えようとするものであるはずです。お前には分からなくていいと言わんばかりの姿勢を見せるような医師は、その時点で願い下げです。今後、相談したいことがあっても、とても耳を傾けてくれるようには思えません。

信頼関係を築けなくては、白内障の手術を受ける覚悟が決まりませんし、心配の種が尽きません。そのような状況で症状の改善を願ったところで、いつ不安が的中するかわかったものではありません。最低限、真剣に患者さんと向き合おうという姿勢が見えなくては、専門医失格です。

失明するようなことになれば、人生に深刻な影響を及ぼすことになりますので、それだけは避けなくてはなりません。たとえ白内障の名医から手術を受けられないとしても、何らかの治療を受けなくてはならないでしょう。また、手術といっても、プレチョップ法という方法であれば、固めが数分程度で済むものであり、それほど難しいものではないようです。

まずは十分な実績を積んだ白内障の名医のいる眼科を見つけることが最優先でしょう。それさえ見つかれば、後の治療は安心して任せることができます。大切な目のことですので、専門医であれば誰でも構わないというわけにはいきません。

目がぼやけたり、かすんだり、あるいは異常にまぶしく感じられたりすると、それだけでも不便を感じる場面は多々あります。現代はパソコンなどで目を酷使する時代なので、なおさらでしょう。このような症状が続けば、普段の暮らしにも影響することは明らかです。

加齢によって発症することが多いのですが、若年性の場合もあり、たとえ10代や20代であっても症状が出る場合もあります。そのため、白内障手術を名医から受けるのはある程度年齢がいった人だけではないようです。

また、白内障に加えて緑内障を発症しているような場合もありますので、そのときには合わせて治療を行う必要があります。緑内障もまた、失明につながる眼病ですので、あまく見ることはできません。加齢が原因となることが多いことは緑内障にも共通しています。

過去にレーシック手術を受けた経験があったり、今後レーシックを受ける予定がある方は、白内障の名医に手術を受ける前に伝えておく必要があります。こうしたところにおいても、意思疎通がいかに重要であるかが分かるでしょう。気になることは、念のため伝えておいた方が無難です。

関係のないことであれば、眼科の名医の判断で聞き流してくれるでしょうし、白内障の手術や治療に影響を及ぼす事柄であれば、伝えた甲斐があったことになります。伝えるべきことを伝えないよりは、不要なことでも伝えておくに越したことはありません。

たとえ手術を行う眼科の専門医にとっては患者さんの中の一人であっても、治療を受ける本人にとっては代わりの聞かない大切な目です。その重みを知っている医師こそ、治療を任せることができる存在でしょう。

白内障の名医を見つけることは、理解者を得ることでもあります。自分の視界がこれまでよりも悪化してしまえば、誰しも心細くなることでしょう。専門医がそれを理解してくれることは、気持ちの上でも大きな支えになります。自分ひとりで不安と戦う必要がないと分かれば、それだけでも気持ちが楽になるはずです。

たしかに白内障の手術を成功させることは大切ですし、名医の技術の見せ所なのですが、それだけが眼科の役割ではありません。患者さんの気持ちを安定させることも、大切な仕事なのです。そのことによって、患者さんは前向きに治療に専念することができるようになります。

専門家としての冷静で的確なアドバイスが重要であることは当然のこととして、それに加えて患者さんに共感し、心から症状を改善させたいと願う姿勢が合ってこそ、白内障の名医と呼ばれる資格があるのでしょう。心から信頼できる専門医を見つけることで、安心して治療を受けてください。